ラブライブ悪雌、特設コーナー設置しました!/ラブライブ肉便器人気投票のお知らせ/その他

こんにちは、メグデス事務局です!メグデスの肉便器の中でもハイアベレージな肉便器が集結した、最強の肉便器グループ、ラブライブ悪雌(アクメス)。その特設コーナーができました。


▼ラブライブ悪雌特設コーナー

https://www.megdeath.com/%E8%82%89%E4%BE%BF%E5%99%A8

■■ メグデスの肉便器グループ


メグデスには版権キャラをモチーフとして製造された肉便器グループがいくつか存在します。「艦これ」チームは皆さんもご存じですよね。艦これチームの肉便器も人気なんですけど、ハイアベレージなのはラブライブです。艦これは鈴谷、高雄といった突出したメンバーが一人で高い再生数の動画を何本も出しているのに対し、ラブライブ悪雌は全員が高い再生数を誇ります。


▼ 1万再生突破(Sクラス)

渡辺曜

津島喜子

黒澤ルビィ

グループ出演(渡辺曜、桜内梨子、国木田花丸)


▼ 9000再生突破(Aクラス)

国木田花丸


▼ 7700再生(Bクラス)

桜内梨子


伸び率から推測すると、国木田が1万再生を突破するのは間違いないですね。そうなると、メンバー9人中、過半数違い4人が1万再生突破ということになります。凄いですね。とはいえ、艦これチームの鈴谷が1万再生、1万再生、9000再生と、一人でとんでもない数字をドカンドカン出しているのに対し、ラブライブ悪雌は、わりと一発屋というか。津島喜子は完全に失墜、黒澤ルビィは安定して5000再生ぐらいまではいくんですけど、大きなブレイクはありません。これは不思議ですね。まあ、鈴谷の人気が凄すぎるとも言えますが。


■■ メグデスのキャラデザは原作と違う


ラブライブは、女の子が夢に向かって頑張る物語ですけど。メグデスの女の子は、ただの性処理の道具ですから。だから、キャラクターデザインがだいぶ違うんですよね。顔かたちは勿論なんですけど、まとっているオーラが違います。だから、ラブライブのファンがそのまま、メグデスのラブライブのファンになるとは言い難いわけで。そういうところが「大きなブレイク」が掴めない原因かもしれません。

「艦これ」はキャラクターデザインが曖昧で「想像の余地」がたっぷりあるので、メグデスの「艦これ」のキャラでも「これはこれ」としてもらえるでしょうけど、ラブライブのキャラはガッチリ作りこまれてますからね。

それでも、メグデスのラブライブキャラも高い人気がありますので、しっかり育てて、いずれはラブライブの冠を外しても通用するようなキャラになればいいなと思っています。


■■ キャラによって「得意なエッチ、苦手なエッチ」がある


セックスするだけのカスメ2で「キャラを育てる」って、ちょっと意味不明かもしれませんけど。でも、顔の表情とかライトの光の加減とかで「伝わる雰囲気」が変わるんですよね。正常位が凄くエロいキャラもいれば、フェラが凄くサマになるキャラもいるんです。逆に、立ち絵が凄く美人でも、セックスになるとイマイチとか。不思議ですけど、そうなんです。


▼ ラブライブ悪雌のトップ3。立ち絵でほとんど同じポーズ、同じ表情なんですけど、やはり「オーラ」がだいぶ違う気がしませんか?やっぱり、トップクラスの肉便器はオーラあるんですよ。




■■ よくわからない津島喜子


ただ、津島喜子については、よくわかんないんですよね。髪型があまりよくない。2次元ならいいんですけど、3次元ではあまり映えない髪型なんですよ、津島。でも、数字が伸びちゃったんですよね。数字が伸びたということは「個の津島が良い!」と思った方がたくさんいらっしゃったということです。だから、なんとか津島ファンに刺さるものを作りたいと思うのですが、制作者の私自身が、この津島の何が良いのかよくわかってないので、どう撮影すればいいのか、よくわからないんですよね。「どう撮影するか」とは、つまり「どんな表情をさせて、どの角度から撮ればいいか」ということです。なんだか、津島はパシっと「エッチだな」という感覚がつかめず困るんですよ。ルビィなんかは、もう、何させてもエッチなんですけど。しかし、もしかしたら津島の「エッチが苦手そうな雰囲気」が刺さってるのかもしれませんし。何とも言えない。とにかく、謎が多いです、津島。

でも、応援してくださる方がいるわけですから、なんとかして「この津島がいい!この津島とヤリたい!この津島を犯したい!」と思っていただける領域まで持っていきたいと思います。頑張ります!


▼ ヨハネ、エッチ頑張ります!


■■ ラブライブ肉便器人気投票やってます


さて、ハイレベルな肉便器が揃うラブライブ悪雌。これまでランク付けはiwaraサイトの再生数でやっていたのですが、テスト的にPIXIVでやってみることにしました。BGMも同一、エッチの体位の流れも同一にして、誰が一番人気になるかを検証します。


PIXIV

https://www.pixiv.net/artworks/90715039


とはいっても、メグデスが人気あるのはiwaraサイトだけで、TwitterとかPIXIVって、フォロワーさんもほとんどいなくて閑古鳥が鳴いてる感じなんですよね。なので、数字らしい数字は出ないかもしれません。

でも、我々メグデスって「ファン」を大切にしたいので。不特定多数のわーっという数字はいらなくてですね。いつもよく見てくださったりアルバムを購入された方が、どのキャラが好きかがわかればいいんです。そういう人に向けて、動画を作っていきたいです。そういう方が「津島が最高!」だと言えば、もう津島で頑張るしかない。

今後、もっと母数を増やすための工夫をしていくこともあるかもしれませんが。メグデス自体がかなり異端なので、欲張ってもしょうがない。異端であっても、それを楽しんでくれているファンの方と一緒に、まずは「メグデスの土台」を作っていければよいなと考えています。

メグデスって、ずーっと、アンチばっかりだったんですよ。6年ぐらいやってますけど、ずーっとアンチばっかり。ネットのヲタの煽り、叩きがどれだけ酷いものかは、皆さんもよくご存じかと思うので説明はしないですけど。ミッキーさんが弁護士に電話するぐらいは酷かったですね。今も、5ちゃんに残ってますけどね、ログ。


それが、DLsiteでアルバム出して、iwaraサイトに動画投稿するようになって、ようやく、本当に少しずつ「グレイトだ!」と言ってくれる人も出てきた感じです。そんなわけで、まだまだ弱い立場なので、まずは、ファンの方と一緒に「あるべきメグデスの姿」を少しずつ掴んでいきたいと考えています。

なので、ファンの方にお願いしたいのはですね「気に入らないものには、イイネしなくていいです!」

そのほうが、ファンの方が望むものが、我々に正しく見えるので。



■■ iwaraサイト動画メンテナンス 


さて、恒例の動画メンテナンス。いやあ、動画伸びてるんです。ゆかりの「新宝島」は、これは伸び率からいくと1万再生いきそうですね。ゆかり、これで何本目の一万再生になるんでしょうか。とにかく、肉便器としてのゆかりの人気は凄い。圧倒的です。IAも頑張ってますけど、ゆかりには勝てないですね。そして予想外に伸びているのがクェス・パラヤ!

「閃光のハサウェイ」効果でしょうか。あるいは、初音ミクと勘違いした外国人が観ているのでしょうか。よくわからないですけど、もう7000再生超えてます。一発ネタで登場させただけで、レギュラーにさせるつもりは全くなかったんですけど、もしかしたら、2本目あるかもしれません。でも、ストーリー的には、もうこの一本で死んでるんです!ララアも出してみようかな。クェスも素晴らしいですけど、ララアのほうが肉便器としての素養は高いと思うんです。


さて、そんな中で、ポツンと伸びない動画があります。「野外セックス」(主演:津島喜子)です!3000再生!

津島は1万再生の実績があるSクラスですよ!でも、津島の動画、それっきり、一本も伸びないんです。いや、私もリリースの時点で「これは伸びないかもな」と思ってました。私自身が津島の魅力をよくわかってないからです!

いずれにせよ、3000再生の動画を残しておくわけにはいかないので削除です。津島、前の動画も伸びなかったので、2021年度の津島の成績は「2戦2敗、勝ち点ゼロ」です。

ブレイクしたときの津島は、何が良かったんでしょうか?あるいは、それ以後は、何が悪いのでしょうか?しかし、メグデスの6年の経験上「偶然で1万6000再生はありえない」と断言できるんです。なんとかして、津島で二本目のブレイクを達成したいですね。


▼ 苦戦続きの津島。2021年度、空振り三振続き。


▼ 予想外の健闘を見せた、新人クェス・パラヤ。初音ミクの母親です。ガンダムの世界では、かなりガタイが良いお姉さんでですけど、メグデスの世界の中ではロリ枠です。これだけの伸び率があるなら、次回作出演も考えられますが…。


■■ 宗教団体真メグデス、アルバム好評発売中です!


いやあ、ホントにラブライブの動画、大変でした。メンバー9人分の動画を作るのって、物凄く大変なんですよ。かなり合理的に設計したつもりですけど、それでも大変でした、でも、良い感じにまとまったと思うので、楽しんでいただけると嬉しいです。そんなわけで、いつもエロに一生懸命、淫語ボカロ宗教団体真メグデス、アルバム好評発売中です!


https://www.dlsite.com/maniax/circle/profile/=/maker_id/RG45495.html



以上



特集記事