メグデスから見たアメリカ大統領選挙(2020/11/15現在)

こんにちは、メグデス事務局です!本来なら、メグデスは7枚目のニューアルバムのレコーディングを完了、リリースしている予定だったのですが。しかし、アメリカ大統領選挙の観測で忙しく、作業が中断しております。つまり、私が仕事していないんです。ごめんなさい!

ただ、今回のアメリカ大統領選挙は世界に大きな影響を与える事件であることは間違いないので、メンバーからも許可をいただいて観測を続けています。まだ結果は出ていないので、本記事は本日時点での途中経過の報告や私見になります。


【2020/11/15現在、日本からみたアメリカ大統領選挙の状況】


アメリカ大統領選挙について、何が起きているのか、さっぱりわからない方もいると思うので、本日時点での状況をお伝えします。これは、日本から見た視点です。


1.地上波のメディアは「バイデン当選」としている。

2.ところが、トランプはSNS、Twitterで一貫して「今回の選挙は不正である」と主張。(11/4の集計の途中、トランプ優勢の時点で、トランプは盛んに「これから不正が起こる」と「予言」していた。

3.トランプの予言どおり、郵便投票の開票が始まってから、すぐにバイデンが逆転した。トランプはかなりの票数で差をつけていたのに、これが一瞬でひっくり返りました。メディアはこれを「郵便投票はバイデン支持者が多いため」と報じた。

4.トランプがゴネているということで、アメリカ大統領選挙に興味を持った日本人Twitter民が、トランプのこれまでの業績等を調べ始める。すると、トランプが素晴らしい業績をあげていることがわかった。

5.トランプに興味を持った日本人に対して、在米日本人のトランプ派が、トランプの素晴らしさを力説。

6.これまで、トランプが素晴らしい政治的成果をあげているにもかかわらず、日米のメディアは、一貫してトランプを侮蔑している発言をしていることが明確になった。

7.日本のTwitterでは、日に日に「トランプがんばれ!」の声が強くなる。

8.ただし、現時点でトランプ陣営は選挙を不正とする明確な証拠を裁判所に出せていない。(アメリカの裁判所で判決状を公開している。それには「証拠がない」であっさり突き返されている)


【2020/11/15現在、メグデスからみたアメリカ大統領選挙の状況】


私も含めて、メグデスのメンバーは、アメリカ大統領選挙のことをよく知りませんでした。(11/4時点)

ただ、なんとなくリアルタイムで経過をみんなでずっと見て話題にしていました。すると、票の動きが不自然で、途中から一気にバイデンが逆転したので「トランプが言う通り、これは不正選挙ではないのか?」ということで、今回の大統領選挙の本格的な観測・予測がはじまりました。

11/4から、猛烈にアメリカ大統領選挙、アメリカの法律、トランプの実績や公約等を勉強したんです。大学受験以来ですよ、こんなに猛烈に勉強したの!でも、まあ、完璧に把握できました。


■ 第一章「トランプが正しい。バイデンは不正をしている。トランプは逆転する」


この時点では、ただの直観です。


▼ メグデスの頭脳、IQ127の絶対美少女ミッキーさんの予測。「トランプが勝つんじゃね?この票の動きは、なんか不自然でしょ」


▼ 開票がおおよそ終了して、バイデンの勝ちがあきらかになった頃。「こんな不自然な数字の選挙で大統領を決めて良いのか?」ということで、動揺が起きます。トランプもバイデンも、二人とも7000万票を超える史上最多得票だったんですよね。しかも、集計途中で一気にバイデンが逆転。数字の動きがおかしいんじゃないかという直観です。


▼ 11/7時点で、「トランプ逆転」を予言する方は大きく3者いました。


1.幸福の科学

2.百田尚樹

3.宗教団体真メグデス(ウチ)


トランプ派の方は、終始一貫トランプを信じていたと思います。ただ、中立の立場から「逆転する」と予言していたのは、この3者だったと思います。

この時点では、誰も「トランプのファン」というわけではないんです。単に、状況観察です。

「不正があったと思われる。トランプ派の熱気に比べて、バイデン派は冷めている。バイデン派がトランプ派を超えるような得票はできないのではないか?」

そのような観点から「トランプの言ってることが正しそうだ」と判断したまでです。なので、きちんと集計してバイデンが勝つなら、それでもいいという「軽い」考えです。


▼ 幸福の科学さんは、真っ先に、本まで出版されてます。凄いスピード感です。

▼ 百田尚樹さんは、11/6の時点で、トランプ逆転を予言。メグデスではミッキーさんもこの時点で正式に「トランプ逆転」を予言しました。でもまあ、我々も「もう勝てないかな」と揺れました。


▼ 百田さんにちょっと遅れて、メグデスも「トランプ勝利」を予言。予言は宗教の腕の見せどころですから。


▼ メグデスはトランプを応援していましたが、それは「弱い応援」で、正しい集計がされてバイデンが勝つなら、それで良いという話。トランプを応援するというより「アメリカで不正選挙が行われているという噂が怖い」ということです。