てんかん発作/ヲタがヲタにつきつけた残酷な天使のテーゼ、にゃるら「NEEDY GIRLS OVERDOSE」


こんにちは、いつもニコニコ元気なマンコ、IQ127の絶対美少女ミッキーです。

2年ぶりにぐらいに、てんかん発作を起こしてしまって、非常に調子が悪い。

そんな調子の悪い中、ゲームをやりながら色々考えた。

調子が悪いので、いつものような「IQ127」と呼べるようなキレはないかもしれない。




■■ ヲタ文化が目指す先は破滅なのか?それとも、幸福なのか?


ヲタ文化が地上に根付いて40年ほどが経過した。

私が観測する限り、人はヲタに染まれば染まるほど、不幸になるようだ。

具体的に、どういう点で不幸になるかというと、恋愛、仕事、健康だ。

つまり、全般的にダメになる。私はSNSで、非常に広い範囲の人間を観測している。

人間は、ある傾向を示しだすと、そこからはどんどん悪くなる。例外はない。


不幸の大きな鍵を握るのは「言葉遣い」だ。ヲタの特徴は「ボキャブラリーが弱い」こと。

1.人は「ヲタになろう!」と決意すると、まず最初に、オシャレな流行り言葉としてネット構文を使い始める。

2.やがて、ネット構文でしか物事を考えられなくなったり、他人に気持ちを伝えられなくなる。

3.最後に、社会や会社、他者との本格的に隔絶される。


ちなみに、この「不幸システム」は、ヲタだけではなく、ヤンキーも同様だ。

1.人は、ヤンキーになろうと決意すると、まず最初に、変な言葉遣いをはじめる。

2.ヤンキー言葉は、最初はただの表面的なファッションだ。しかし、だんだんこれが脳内に根付いてくる。

そして、ヤンキー構文でしか物事を考えられなくなったり、他人に気持ちを伝えられなくなる。

3.最後に、社会や会社、他者との本格的に隔絶される。


「言葉」は重要だ。若い頃は、顔の可愛さ、身振り手振りの「仕草」で色々な物事が伝えられる。

「女の涙」というのは強烈な武器だ。泣けば全て許される。また、男も、気に入らなければ相手をぶん殴ればいい。ところが、歳をとればとるほど、コミュニケーションにおける言葉の重要性が増してくる。


自分自身のボキャブラリーと、アイディア、哲学、感情がマッチしなくなってきたら、人々はどうするか?

「よし、恋愛力、仕事力を身に着けるために、今から国語力をつけよう!」だなんて思わない。

ただ、静かにあきらめるのだ。そして、そこで終わる。


勿論、人生は死ぬまで「終わり」はないわけだから。

気づいてやり直す努力をすれば、必ず良い方向に向かうとは思う。


宗教団体真メグデスは、ダメな人間の何がダメかを指摘してマウントして、ギャハハと笑いたいわけではない。

みんなに気づいてもらって、みんなに幸福になってもらいたいのだ。

「ボキャブラリーが貧困な人間は不幸になる」というのは、私がSNSを観測して知りえた「真実」だ。

これは本当に、例外はない。


今の時代は、恋愛をするにしても、仕事をするにしても、必ず「文章」を書かないといけない。

文章のスキルで、手に入る恋や仕事の「質」が変わる。つまり「幸福」の大きさが変わるのだ。

これは、なんらおかしなことではない。


近年は、理系の思考を重んじ、文系の思考を軽んじる傾向があるのかもしれない。

しかし、恋愛において重要なのは文系的な思考だ。

日常会話においても文系的なユーモアだ。

理系と文系、どちらが重要ということではなくて、どちらも重要なのだ。


だから、自分は不幸だと感じている人間は、まず、本を読め。

オマエの不幸の原因の8割は、ボキャブラリーの貧しさから来ている。



私が観測する限り、ヲタが仕事で大失敗するだとか、手痛い失恋をするだとか、そういうことはない。

そもそも、ボキャブラリーの弱い人間には、大きな恋愛だとか、大きな仕事の機会がやってこない。

そして、ただただ、年齢とともに、孤立が深まるだけだ。


私は、人々が不幸になっていく姿を眺めるのがツライ。だから、私は宗教団体をやっている。

これまで、私はSNS上で、無数の説法をしてきた。

先ほども、私は、こう説法した。


「本を読め」


それ以外にも、「それはダメだ!」「それはこうしろ!」だとか、なにか危険を察知するたびに注意してきた。

私のSNSは説法だらけだ。しかし、説教をされて嬉しい人間などいるわけがない。

だから、私が他者を救えたことは一度もない。


無力だ。

メグデスが他者を救い、他者に感謝される宗教団体になるには、まだ、超えなくてはいけないハードルが無数にある。

道は果てしなく遠い。しかし、私はこの道を歩き続ける。なぜならば、人を救いたいから。

みんなの笑顔が見たいから。


◇ 「笑顔」とは何か?


私はIQ127でアタマの回転が速い。

だから、芸能人のように、単に面白いことを言って「人を笑わせる」というのは、私にとって難しいことではない。

戦後の「娯楽」が少ない時代においては、「笑い」というのはとても大切なモノだったと思う。

しかし、今の時代のように、いつもみんながニヤニヤしている時代に必要なのは「笑い」ではなく「救い」だと思う。

「人を笑わせたい」と思う人は、いくらでもいるのよ。その才能を持っている人はわずかだけど。

でも、「笑い」は「集合知」でなんとかなる。

私がこのネタを披露しなくても、別の誰かが別のネタを披露して、それで笑いが起こるなら、別にそれでいい。


でも、メグデスが提示する「救い」の概念・哲学は、メグデス以外では踏み込めない領域。

メグデスがやるしかない。


1.先ほど、私は「本を読め」と述べた。これは「救い」のひとつだ。

2.また「二次元の美少女を、嫁や彼女だと思わずに、ただの肉便器だと思え」というのも、私が考案した「救い」だ。


本を読むことでどうして救われるのか?

また、二次元の美少女を嫁や彼女だと考えないことで、どうして救われるのか?

全てに理由がある。別に、大した理屈じゃない。言われれば、誰もが、そりゃそうだと思う話ばかりだ。

しかし、言わなければ、誰も気づかない。だから、言わなくてはいけない。


ある種の人間は、ヲタ文化に染まりながらも、全く幸福に生きることができる。

しかし、ある種の人間は、ヲタ文化に染まったことで、人生が破綻する。

この差がどこで生まれたのか?アタマが悪いと、これが見えない。

メグデスがやるべき仕事は「それはこう考えなさい、それはそう考えてはダメです」という指針を示すこと。

指針を示すことによって、人々を幸福へ導く。その、幸福の結果としての笑顔を私は見たい。


ちなみに「二次元美少女」を「嫁、彼女」と思ってはいけない理由は「他者への愛と自己への愛を混同するな」という意味が込められている。

「創作」されたキャラの「造形」を見て、美しいと感じ、発情しているうちは「他者(モノ)」への敬意がある。ところが、キャラを所有した気になり、脳内で「嫁、彼女」として動かしたり会話を始めてしまうと「自己愛」の世界に入ってしまう。

行き過ぎた「自己愛」は、社会からの孤立に直結するからやめなさいと、私は説いている。

言われれば「そりゃそうだ」と思うはずだ。でも、言われなくては見えないのだ。




■■ ヲタ文化が「有害」だと認知されたら、ヲタ文化は排除される


唐突だが、私は喫煙者だ。タバコの有害性が明確になればなるほど、社会からタバコが抹殺されていく。

私自身も、そろそろタバコをやめなくてはいけないなと感じている。

私が発作で倒れるようになったのは、間違いなく、タバコが原因だ。

それでもやめられず、続けているのだ。

しかし、倒れるたびに「タバコをやめろ」ときつく言われる。私自身も「やめなきゃいけないな」と思う。

最終的には、やめるんだろうと思う。まだ、心の整理がついていないだけで。


ヲタ文化も、今は「プラスだ」と考えられているから普及している。

しかし「有害だ」と認知されたら、排除されていくことになるだろう。

人生に失敗したヲタが、いくら「ヲタ文化は人々を幸福にする」と演説してもダメだろう。


私は、ヲタ文化を愛しているので、ヲタ文化をより良いものにしていきたい。

「ヲタ文化を良いものにしていく」というのは、作品の内容や表現に手を入れることではなくて、受け手側の思想哲学を鍛えていくことだと思う。

それには「難しい領域で、難しい議論」を行うことが必要だ。


先日発売されたゲーム「NEEDY GIRLS OVERDOSE」は、ヲタとして「何はよくて、何はダメなのか」という命題を色々と与えてくれる。



■ 「NEEDY GIRLS OVERDOSE」はヲタがヲタにつきつけた、残酷な天使のテーゼ


「NEEDY GIRLS OVERDORS」は、今を時めくゲームクリエイター、にゃるらがシナリオを担当した「最悪」のゲームだ。

にゃるらは、間違いなく「現代のヲタ文化」のシンボルの一人なのだが、ここで「ヲタ代表」の立場を降りて、「成功者、文化人」としてヲタを上から見下す側に回ってしまった。

にゃるらに先行してヲタを裏切ったのは、庵野秀明だろう。


私は「ヲタ・クリエイター」が嫌いだ。彼らは、最初は「ヲタ代表」として振舞う。

しかし、成功してお金を手に入れた瞬間、すっと立場を変化させる。「いつまでアニメ観てるの?」と。

今後も、こういう「手のひら返し」のクリエイターは増えてくるだろう。

ヲタ文化は泥船だし、そろそろ、潮時なのだ。皆、それをわかってる。


「オレは漫画が好きだ!」と、死ぬまで全力投球だった手塚治虫や藤子不二雄Fと、庵野秀明やにゃるらは、クリエイターとしての立場の取り方がかなり違う。

手塚治虫や藤子不二雄Fの根底には「人間の命に対する敬意」がある。

その上で「生きるというのはこういうことではないか?」ということを作品を通して、人々に訴えかける。


一方、庵野秀明やにゃるらの根底にあるのは「人間に対する絶望」だ。

「人間って、こういうくだらない生き物だよね」とショッキングな事実を突きつける。

その残酷な視点こそが、彼らの売りだ。そこにみんな食いつく。

そして、「人間をバカにしたい人間」をファンとして取り込んで強大化していく。


ところが、ある瞬間に裏切る。

「オマエらってこうだよね、オレは違うけど。だから、オレ様はオマエと違って成功したんだけどさ」となる。

そう、庵野秀明やにゃるらの「売り」は、「残酷さ」だ。

そして、最も残酷ショーは、自分を信じてついてきた自分のファンを見せモノにすることだ。

つまり、庵野やにゃるらが、ファンを「殺してやりたい、追い込んでやりたい」と考えるのは、自然な帰結なのだ。


にゃるらの「NEEDY GIRLS OVERDORS」は、にゃるらが「ヲタ当事者」から「ヲタ観察者」へ立場を入れ替えた、その瞬間の心理を切り取った「最悪」の作品だと思う。

ここでいう「最悪」の意味は、にゃるらの「人間性」の話であって、作品としての面白さの話ではない。


▼ 「NEEDY GIRLS OVERDORS」は「今時のアホな女」が、アホな行動、アホな発言をするのを上から目線で眺めるだけのゲーム。ただし、このゲームのキャラクターが持つ「非人間的な思想哲学、ボキャブラリー」は、間違いなくリアルに存在するものであり、一切の誇張がない。

つまり、にゃるらは「今時の