てんかん発作/ヲタがヲタにつきつけた残酷な天使のテーゼ、にゃるら「NEEDY GIRLS OVERDOSE」


こんにちは、いつもニコニコ元気なマンコ、IQ127の絶対美少女ミッキーです。

2年ぶりにぐらいに、てんかん発作を起こしてしまって、非常に調子が悪い。

そんな調子の悪い中、ゲームをやりながら色々考えた。

調子が悪いので、いつものような「IQ127」と呼べるようなキレはないかもしれない。




■■ ヲタ文化が目指す先は破滅なのか?それとも、幸福なのか?


ヲタ文化が地上に根付いて40年ほどが経過した。

私が観測する限り、人はヲタに染まれば染まるほど、不幸になるようだ。

具体的に、どういう点で不幸になるかというと、恋愛、仕事、健康だ。

つまり、全般的にダメになる。私はSNSで、非常に広い範囲の人間を観測している。

人間は、ある傾向を示しだすと、そこからはどんどん悪くなる。例外はない。


不幸の大きな鍵を握るのは「言葉遣い」だ。ヲタの特徴は「ボキャブラリーが弱い」こと。

1.人は「ヲタになろう!」と決意すると、まず最初に、オシャレな流行り言葉としてネット構文を使い始める。

2.やがて、ネット構文でしか物事を考えられなくなったり、他人に気持ちを伝えられなくなる。

3.最後に、社会や会社、他者との本格的に隔絶される。


ちなみに、この「不幸システム」は、ヲタだけではなく、ヤンキーも同様だ。

1.人は、ヤンキーになろうと決意すると、まず最初に、変な言葉遣いをはじめる。

2.ヤンキー言葉は、最初はただの表面的なファッションだ。しかし、だんだんこれが脳内に根付いてくる。

そして、ヤンキー構文でしか物事を考えられなくなったり、他人に気持ちを伝えられなくなる。

3.最後に、社会や会社、他者との本格的に隔絶される。


「言葉」は重要だ。若い頃は、顔の可愛さ、身振り手振りの「仕草」で色々な物事が伝えられる。

「女の涙」というのは強烈な武器だ。泣けば全て許される。また、男も、気に入らなければ相手をぶん殴ればいい。ところが、歳をとればとるほど、コミュニケーションにおける言葉の重要性が増してくる。


自分自身のボキャブラリーと、アイディア、哲学、感情がマッチしなくなってきたら、人々はどうするか?

「よし、恋愛力、仕事力を身に着けるために、今から国語力をつけよう!」だなんて思わない。

ただ、静かにあきらめるのだ。そして、そこで終わる。


勿論、人生は死ぬまで「終わり」はないわけだから。

気づいてやり直す努力をすれば、必ず良い方向に向かうとは思う。


宗教団体真メグデスは、ダメな人間の何がダメかを指摘してマウントして、ギャハハと笑いたいわけではない。

みんなに気づいてもらって、みんなに幸福になってもらいたいのだ。

「ボキャブラリーが貧困な人間は不幸になる」というのは、私がSNSを観測して知りえた「真実」だ。

これは本当に、例外はない。


今の時代は、恋愛をするにしても、仕事をするにしても、必ず「文章」を書かないといけない。

文章のスキルで、手に入る恋や仕事の「質」が変わる。つまり「幸福」の大きさが変わるのだ。

これは、なんらおかしなことではない。


近年は、理系の思考を重んじ、文系の思考を軽んじる傾向があるのかもしれない。

しかし、恋愛において重要なのは文系的な思考だ。

日常会話においても文系的なユーモアだ。

理系と文系、どちらが重要ということではなくて、どちらも重要なのだ。


だから、自分は不幸だと感じている人間は、まず、本を読め。

オマエの不幸の原因の8割は、ボキャブラリーの貧しさから来ている。



私が観測する限り、ヲタが仕事で大失敗するだとか、手痛い失恋をするだとか、そういうことはない。

そもそも、ボキャブラリーの弱い人間には、大きな恋愛だとか、大きな仕事の機会がやってこない。

そして、ただただ、年齢とともに、孤立が深まるだけだ。


私は、人々が不幸になっていく姿を眺めるのがツライ。だから、私は宗教団体をやっている。

これまで、私はSNS上で、無数の説法をしてきた。

先ほども、私は、こう説法した。


「本を読め」


それ以外にも、「それはダメだ!」「それはこうしろ!」だとか、なにか危険を察知するたびに注意してきた。

私のSNSは説法だらけだ。しかし、説教をされて嬉しい人間などいるわけがない。

だから、私が他者を救えたことは一度もない。


無力だ。

メグデスが他者を救い、他者に感謝される宗教団体になるには、まだ、超えなくてはいけないハードルが無数にある。

道は果てしなく遠い。しかし、私はこの道を歩き続ける。なぜならば、人を救いたいから。

みんなの笑顔が見たいから。


◇ 「笑顔」とは何か?


私はIQ127でアタマの回転が速い。

だから、芸能人のように、単に面白いことを言って「人を笑わせる」というのは、私にとって難しいことではない。

戦後の「娯楽」が少ない時代においては、「笑い」というのはとても大切なモノだったと思う。

しかし、今の時代のように、いつもみんながニヤニヤしている時代に必要なのは「笑い」ではなく「救い」だと思う。

「人を笑わせたい」と思う人は、いくらでもいるのよ。その才能を持っている人はわずかだけど。

でも、「笑い」は「集合知」でなんとかなる。

私がこのネタを披露しなくても、別の誰かが別のネタを披露して、それで笑いが起こるなら、別にそれでいい。


でも、メグデスが提示する「救い」の概念・哲学は、メグデス以外では踏み込めない領域。

メグデスがやるしかない。


1.先ほど、私は「本を読め」と述べた。これは「救い」のひとつだ。

2.また「二次元の美少女を、嫁や彼女だと思わずに、ただの肉便器だと思え」というのも、私が考案した「救い」だ。


本を読むことでどうして救われるのか?

また、二次元の美少女を嫁や彼女だと考えないことで、どうして救われるのか?

全てに理由がある。別に、大した理屈じゃない。言われれば、誰もが、そりゃそうだと思う話ばかりだ。