おまんこグランプリ、津島善子、初動6000再生突破!

こんにちは、メグデス事務局です!

基本的には私、今は動画作成を中心に時間を使うようにしています。

ですので、ブログはあまり時間を割かないように自粛しているのですが、いやあ、これは書かざるを得ません。

おまんこグランプリ、3走目の津島喜子がiwaraサイトの初日の初動6000再生を突破しました!


■■ 初日の初動6000再生は、1万再生突破コース


初日の初動6000再生は、天津風の1走目の記録と並びます。天津風はその後、1万再生を突破しました。

津島善子の最高記録は、初動7000再生。最高記録には及びませんが、かなりの好スタートです。


iwara

おまんこGP2-16「津島喜子」(うた:GUMI「Welcome to my jungle」

https://ecchi.iwara.tv/videos/3yegoijzvmi86bzq6


▼ もはや後光が差す美しさ、津島喜子。素だと、ようちんやルビィより華やかさに欠けるような気もしますが、本気を出すとオーラありますね、ヨハネ。


■■ デビュー作以降、長きに渡ってスランプに苦しんだ津島喜子


津島は、メグデスの中では「一発屋」と呼ばれ、デビュー作で2万再生を超えた以降は目立った活躍がありませんでした。

やはり、黒澤ルビィのほうがセックスに安定感があります。

そして、渡辺曜は神格化されており、強烈な固定ファンを持ちます。他のメンバーも強い。

そんな中、津島は「2万再生突破」という肩書はあるものの、他の作品が弱かった。

しかし、2022年はおまんこグランプリ1走目で1万世を突破し、肉便器クラスSSへ昇格。そして、今回初動6000再生突破。

これはもう、津島喜子は「ラブライブ肉便器筆頭」と言っても良いのではないでしょうか。

前作は、非常に数字が落ち込み、安定感のなさは相変わらず。

しかし、肉便器としての実績は、もはや渡辺曜、黒澤ルビィより上だと誰もが認めざるを得ないでしょう。


■■ 津島善子、3本目の1万再生突破はあるのか?トップ3への昇格はあるか?


メグデスでは1万再生を突破した肉便器は「聖女(レジェンド)」と呼ばれます。

その上に、SS(ダブルエス)、そして、頂点がSSS(トリプルエス)です。これより上のランクはありません。

1万再生を3本以上出した肉便器は、わずかに4人です。

「結月ゆかり型肉便器」は別格で、もう、出せば1万再生が当たり前の無双状態でしたので、ランキング競争からは外れています。

では、ナンバーツーは誰か。ここは団子状態なんですね。

現在、鈴谷がナンバー2ですが、2022年度のエキシビジョンマッチは3000再生。もはやピークは過ぎているかもしれません、

ミク・ブイツーも、近年の作品は5000再生程度で、本年度よりランキングをひとつ後退させてナンバー4。

ユカリ・シュマイケル以外で、今、もっとも強いと思われる肉便器は、イア・プラネット。

しかし、貧乳ですので、場合によっては苦戦することもあります。

もし、津島喜子が3本目の1万再生を突破した場合は、「鈴谷、イア、ミク」との頂上決戦があります。

この状況であれば、津島がトップ3に入る可能性は非常に高いと思います。


▼ トップはユカリ・シュマイケル。この座はもう、ほぼ、未来永劫動かないと思います。

「初音ミクよりも、結月ゆかりのほうが肉便器として格上」というのが、メグデスのランキングになっています。

これは、私の個人的な感覚ではなくて、ファンがそうだということです。

肉便器の人気は、波が大きいです。好調なときに、どれだけランクを上げられるかが重要。津島の伸びに期待しましょう。

あとは、天津風ですね。天津風も怖い存在だと思います。引き続き、おまんこグランプリをお楽しみください!


▼おまんこグランプリ

https://www.megdeath.com/%E3%81%8A%E3%81%BE%E3%82%93%E3%81%93%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AA



▼ おまんこグランプリ、現在のトップは天津風。天津風も、今後3本目の1万再生が出る可能性は十分にあると思います。

もし、天津風がトップ3に入るようになると、メグデス肉便器の力関係が、大きく変化することになります。



以上



特集記事