2016-2019 MEGDEATH.com
  • Twitterの社会のアイコン
"SIN-MEGDEATH" is music band was born at AKIBA since 2016.
Sex,music and masterbation is very  important culture for human.
We hope every people get the extacy from CM3D2,COM3d2 with good DTM sound.Have a nice MOD!
・宗教団体真メグデスは2016年に創設された音楽集団です。
・聖地・秋葉原にて表現の自由を掲げDTM活動を行っております。
宗教団体真メグデス公式サイト

秋葉原/台東区/megdeath.official@gmail.com

August 29, 2018

「サッカーW杯2018」

 私が実況した試合からピックアップしたものをご紹介してまいりました「IQ127の絶対美少女ミッキーのサッカーW杯観戦記」。本日がいよいよ、最終回。

私、別にそんなにサッカー好きってわけでもないし、たまたま観ただけなのよね。

でも、今大会の試合には、すっごくハマっちゃって。

あらためて、当時の自分の実況を観なおしてるんだけど、ホントに面白い試合が多かったなと思う。

私の会社の上司は熱狂的なサッカーファンなんだけど。

「ここまで夢中になったW杯はなかった」とおっしゃってた。

思い出がいっぱいあるよね。

なんといっても、衝撃的な「Heart Beat」。

「ほにゃらららららら、ハートビー、ハートビ―♪」

あのヤル気のない歌声はインパクトあったわ。

あとは、伝説的な「日本対ポーランド」の西野談合サ...

August 27, 2018

いよいよ準決勝、フランス対ベルギー。これは、FIFAランキング的にも事実上の決勝戦だと言われていた。

ベルギーファンの私は、ブラジルを破ったベルギーの強さを信じてはいたけれど。

しかし、フランスの強さはとてつもないのよね。流麗なパス回し、高速カウンター。フリーキックも上手いし。どこにも弱点がない。

ただ、唯一。フランスのサッカーは「複雑すぎる」ように思える。

高度だけど、複雑すぎる。

ベルギーのサッカーは無駄なくシンプル。だから、局面が難しくなったときに、フランスのサッカーは「崩壊しやすい」と予測した。さて。

ベルギーのセットプレイは、高さはあるけど、イングランドほど洗練もされていない。 

両チームのレベルがあまりに高すぎて、観客が沈黙してしまった。

前半の出だしは、本当に緊張感あった。 

まるでバスケットボー...

August 21, 2018

 サッカーワールドカップ観戦。

大詰めの準決勝「イングランドVSクロアチア」。

この時点では、多くの人々が「イングランドもクロアチアも弱いチーム」だと思ってたんじゃないかしら。

サッカーに詳しい方は「クロアチアのモドリッチ」に注目していたし、イングランドのセットプレイが驚異的な精度を誇っていることも知っていたけど。

 クロアチアは「決定的な得点力に欠ける」という印象で、決勝トーナメントでは全試合延長戦にもつれ込んでいた。

一方、イングランドは「セットプレイ以外は見るべきものがない」。

そして、イングランド。

お得意のセットプレイを披露する場が早くもやってくる。 

本当にイングランドのセットプレイは驚異的。 

今大会のイングランドは、サッカーのあり方を大きく揺らがせたよね。

ポゼッションサッカーを得意とするドイツは...

ネイマール率いるブラジルにベルギーが挑む!

ベルギーを応援していた私にとって、この試合はホントに緊張感ありました。

私は、この試合は撃ち合いになると予想していた。 

でも、今大会のブラジルの攻撃には、強いインパクトは感じなかった。

だから、ベルギー有利だと判断したんだけど。

ブラジルは先制点を取られるのを凄く嫌がる。

慎重に動いて1点取ったら守備を固める。これがブラジルの戦い方のセオリー。

そう、今大会のブラジルのサッカーはわりと守備的なのよね。 

イケイケどんどんで攻撃を爆発させることはない。

ただし「慎重に動いても1点先制できるだけの技術」を持っているわけだけど。

今大会、もっともセットプレイが上手いのはイングランド、そしてブラジルでしょうね。

イングランドのセットプレイは「入念な準備」によるものだけど。

ブラジ...

今回のW杯、どちらのチームが勝つかを予想して楽しんでたんだけど。

予選はほぼ的中したんだけど、決勝トーナメントはハズレにハズレた。

「IQ127」ってなんだよつーかさ。でも、みんなもそうだったんじゃないかな。

今回のW杯はホントに面白くて、予想できない試合が多かった。ドラマがあった。

そして、スウェーデンVSイングランド。私は、絶対にスウェーデンが勝つと思ってた。

私は、スウェーデンもイングランドも、高くは評価していなかった。

両チームとも攻撃力がないのよね。スピードもない。

スウェーデンもイングランドも「セットプレイが上手い」という評価だった。

でも、スウェーデンのセットプレイは「高さがあって、競り合いに強い」ぐらいの話で。

一方、イングランドのセットプレイは「とてつもない精度」を誇っていたんだけど、この試合...

 なんつーか、この時点では、私もごく普通に日本を応援してたのよね。

コロンビアに勝利した日本の攻撃的なサッカーはとても良かった。

でも、内容で言えば、このセネガル戦(2-2/引き分け)での日本はもっと良かった。

前半すぐに1点取られてしまうんだけど、その後、1点取り返す。

後半また1点取られてしまうんだけど、それでもまた1点取り返す。

そういった追いかける展開のシーソーゲームだったんだけど、日本が終始押してたのよね。

「今大会での日本は強い!」

そう確信させてくれた試合。

まあ、次のポーランド戦の談合でガッカリしちゃうんだけどね。

日本は頑張って走っているんだけど「チームとしての目的」がわからないのよね。

日本は「管理社会」と言われるけど、なぜ「管理社会」なのかわかる?

実は、それは「まとまりがないから」なの。

個人...